2017年6月3日土曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(May, 2017)テーマは「Appleの最新アプリClipsを使い倒そう!」

Share to Hatena
長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2017年5月の定例会は、5月20日(土)18時~JR長崎駅前の「えきまえ」いきいきひろばにて開催しました。

5月のテーマはAppleの最新アプリClipsを使い倒そう!」ということで、しくさんが記念定例会での受付の際に撮影&編集して頂いたアプリClipsについて取り上げて頂きました。

これは、Appleが2017年4月に新たにリリースした純正アプリで、正方形ムービーなのが特徴です。

ツイキャスなどの実況風に気軽にムービーを作成する事ができ、特にこのアプリの特徴として映像の音声を自動認識して字幕テキストを付ける事ができます。
音声認識で字幕テキストを自動付加
アプリの使い方としては、まずは長押しで撮影。もちろんライブラリの写真や動画も使えます。そして上に並んでいるボタンで字幕テキストを音声認識で追加(テキストは後から編集可能です)。

ただ、やはり音声認識は誤認識もあるので、映像の全てに字幕を入れると後から編集するのが大変でもあるので、字幕は要所要所で効果的に使うのが良いかも知れません。

映像のトリミングはハサミマークをタップし、クリップの順番を変更するのは、長押し+移動。ここでクリップの音声をなくしてBGMだけでもOKです。更にクリップに音声があると自動的にBGMの音量が下がるよう設計されているので、自然な感じで背景のBGMと共存できます。

InstagramやSnapChatのように、撮影した映像へのフィルター処理も可能で、映像に追加するアニメーション効果も有り、色々なシチュエーションを楽しむことができます。

また、映像については静止画である写真を撮影しておいて、撮影後に長押ししていればその長さだけクリップになるのも面白いです。その長押ししている間に話せば、写真に字幕を追加する事もできます。

アプリ右上の♪マークがBGMを追加するボタンで、ここでサウンドトラックが選べます。もちろん著作権フリーの曲が準備されていますので、お気に入りの曲をダウンロードしてBGMに追加、更にこのサウンドトラックは、映像の長さに応じて曲の長さを調整してくれる便利機能付きです。

BGMには残念ながらApple Musicを使う事ができませんが、iPhone/iPadのライブラリの曲は使えます。但し、この場合は著作権に充分注意が必要です。あくまで自身で楽しむ用途だけに限定し、間違ってもWeb上に公開しないようにしましょう。
公開の際は著作権や肖像権に注意しましょう

以上、5月の定例会の報告でした。

次回6月の定例会は、6/24(土)に開催します。
※会場は6号室です。

内容はWWDC 2017 徹底分析!!」ということで、6月5日に開催される予定のWWDC 2017で発表された様々な内容について話し合いましょう。

詳細は後日メーリングリストにて告知しますが、皆さんぜひよろしくお願いします!

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※平成29年6月3日現在の情報です。